岐阜大学SIP活動報告書

平成28年度~令和3年度 発表論文・報告等(令和4年2月1日現在)

ここで,リンクにより閲覧可能な形式とした論文については,以下の規定に従っています。
 土木学会 著作権に関する規則
 日本材料学会 編集委員会掲載論文利用許諾基準
 日本コンクリート工学会 著作権規定

【新技術の地域実装に関する研究業績】

 論文(査読有)

国際会議論文

  • K. Rokugo, S.C. Lim, H. Hatano and T. Matsudaira: Thermal Imaging Research on Retaining Wall Landscaped by Shotcreting of HPFRCC 17 and 12 Years Ago, The 9th International Conference of Asian Concrete Federation (ACF2020/2021), Thailand, pp.MT46-53, 2021.11.
  • H. Hatano, E. Furusawa, T. Matsudaira and K. Rokugo: Attempts at Bridge Inspection Using Small General-Purpose Drones, The 9th International Conference of Asian Concrete Federation (ACF2020/2021), Thailand, pp.MT54-62, 2021.11.
  • K. Rokugo and H. Hatano: Ideas to Enhance Efficiency of Infrastructure Maintenance by Introducing New Technologies such as Inspection Robots, The 9th International Conference of Asian Concrete Federation (ACF2020/2021), Thailand, pp.MT38-45, 2021.11.
  • K. Rokugo, H. Hatano, and Y. Mizobe: Periodic Inspection of PC Bridge with Both Robot Technologies and Close Visual Observation, The 6th International Conference on Construction Materials (ConMat’20), Fukuoka, pp.1376-1384, 2020.8.
  • R. Hasuike, K. Kinoshita, H. Hatano, H. Morimoto and K. Rokugo: Clarification of Performance Requirements for Utilizing Robotic Technology for Regular Inspection of Steel Bridges, The 10th International Conference on Bridge Maintenance, Safety and Management (IABMAS 2020), Sapporo, pp.1336-1343, 2021.4.
  • R. Hasuike, H. Hatano, K. Kinoshita, H. Morimoto and K. Rokugo: Results of Robot-supported Periodic Inspection of Long-span Prestressed Concrete Bridge, The 3rd ACF Symposium 2019,Sapporo, S5-3-2, 2019.9.R.
  • R. Hasuike, K. Kinoshita. H. Hatano, E. Furusawa and K. Rokugo: How to Adopt Robot Technology into Legal Periodic Inspection of Long-span PC Bridge in Japan, The 8th International Conference of ACF (Asian Concrete Federation), pp.1199-1206, Fuzhou, China, 2018.11.
  • K. Rokugo, K. Kinoshita, R. Hasuike: Activities of Gifu University SIP Implementation Team for Utilizing New Maintenance Technologies, The 2nd ACF Symposium 2017, 2017.11.
  • K. Rokugo: Applications of SHCC in Japan – Tools and tips for promoting its use, Proceedings of the 4th International RILEM Conference on SHCC (SHCC4-Dresden), 2017.9.

雑誌報告、解説、資料

口頭発表

SIPインフラ新技術地域実装活動報告書(日本語English

「SIPインフラ新技術地域実装活動報告書~地域のインフラ維持管理の今後~」が纏まりました。その中で,岐阜大学SIP実装プロジェクトが担当した報告(日本語版および英語版)は以下の7件です。

  • インフラメンテナンスへの新技術活用における障害と対策~ヒアリング調査をもとに~  
  • CalSokを活用した河川堤防のモニタリング~地域実装支援により高度化する点検技術~
  • 地域において必要な技術的ニーズの炙り出しと技術者の関わり方
  • ロボット技術による橋梁定期点検の効率化・高度化と交通規制の大幅短縮
  • 鋼橋定期点検へのロボット技術活用の考え方
  • 技術者教育教材としてのインフラミュージアム
  • 魅力あるインフラメンテナンス分野の未来に向かって~地域実装支援活動を振り返る~

平成28~30年度活動報告書(統合版)

平成28~30年度の活動報告書が纏まりましたので公開します。

この報告書のなかでのトピックス部分を抜粋しました。

【その他(広報誌,会報,等)】

  • 羽田野英明:各務原大橋定期点検へのロボット技術の導入と評価,岐阜社会基盤研ニュース,第27号,2019.3.

ロボット技術を取り入れた橋梁点検に関連する資料等

平成29年7月より検討を行ってきました「ロボット技術を取り入れた橋梁点検」に関する検討成果が纏まりましたので公開します。

平成29年度活動報告書

平成29年度の活動報告書が纏まりましたので公開します。

平成28年度活動報告書

本研究課題においては,地方自治体等におけるSIP維持管理技術の活用,すなわち社会実装を促すことを目的として,下記の活動を行っており,平成28年度の活動は,報告書(平成28年度活動報告書)を参照して頂きたい。